薄毛

薄毛対策には食生活の改善がおすすめ

髪の毛が薄くなってくると、「このままハゲが進行するのだろう」と思い、何もせずに諦めてしまう人がいます。私も20代のときは正にその状態でした。通勤電車で梅田にいく途中、発毛に関する車内広告を目にしているうちに、少しずつ意識がかわってきて、どうにか進行を止められないかと考えるようになってきました。そして実際に発毛や育毛に取り組んだ結果、自分なりに効果も感じています。食生活の改善はその一例ですのでここで紹介させていただきます。

AGAの薄毛の原因は多岐にわたり、その中には食生活も含まれています。食生活を改善すれば育毛につながる可能性を秘めているため、今すぐ対策する方がいいそうです。福島県のAGA専門医も勧めていました。

食生活の乱れの代表的なものに、塩分の多いもの、脂っこいものなどの食べ過ぎがあります。これらを食べ過ぎると動脈硬化が進んだり、悪玉コレステロールが増えたりします。血流の妨げになる原因ばかりです。髪の毛を育てるには頭に栄養豊富な血液が流れてくれなければ始まりません。毛根に近い部分にある毛細血管まで血液がきちんと届くと、細胞を刺激して太くて丈夫な毛が生えてきます。

今からでも遅くありませんので、バランスの良い食事をとる工夫をしましょう。塩分を控えめにし、脂っこいものばかりでなく、あっさりした食事もとるようにしてください。お酒も程々にしましょう。こうすることで、病気予防と薄毛対策の両方を実現できます。