薄毛

ようやく見つけた薄毛対策の結論とは?

20代後半から前の方から髪が薄くなりだし、育毛剤や育毛シャンプーなどを使いながら必死に薄毛対策に励んできました。

しかしながら、努力の甲斐もなく、私の髪の毛はどんどん薄くなっていきました。

そして、頭髪をはじめとする外見に対して投げやりになっていったのです。

30代、40代があっという間に過ぎ去り、二年前に私は50代を迎えました。

そんなある日のこと。図書館で薄毛対策の本を見つけたのです。

そこには、「アルカリ性のシャンプーを使い、頭皮をマッサージすれば、誰でも髪は生えてくる」といったようなことが書いてありました。

食事療法を始めたおかげで体調もいいことから、「この通りにすれば、もしかすると・・・」と思い立ち、本に書いてある通りに薄毛対策に取り組み始めたのです。

その後、暇を見ては頭皮をマッサージしながら、本に書いてあることを実行していきました。

ところが、それから半年たった頃にふと鏡を見ると、これまで長い毛がいくらかはあったはずの頭頂部が、ほとんどが産毛のような状態になっているではありませんか!?・・・。

それを見た私はとてもショックでした。

調べてみると、薄毛対策にはいろいろ説があり、男性ホルモンが活性化するとはげやすいため、マッサージはしない方がいいという説もあります。こうなると、どれが正しいのかわからなくなります・・・。

本当に困ったものです。

薄毛対策をすると、結局お金も時間もムダに終わるので、今は、「薄くなってもかまわないから、もう、ムダな労力だけは使いたくない!」という結論に至ってる次第です。